自作ソフトフォーカスレンズ、その1

自作のソフトフォーカスレンズです。 
構成部品はペンタックスのヘリコイド接写リング、ペンタックスボディキャップ、
ニコン・リバースリングマウントBR2A、ニコン52mm偏光フィルター用フード、
EOS-ニッコールマウントアダプター、焦点距離84mmの老眼鏡の凸レンズです。
EOS-1DMk2にはマウントアダプターで使用しています。
b0042282_22182958.jpg

まずはペンタックスのプラスチックのボディキャップに丸く穴を開けます。
そこにニコンのフランジバック46.5mmとペンタックスのヘリコイド接写リングの
無限遠にした時の長さと、ニコンのマウントBR2Aの厚さをたして計算した
焦点距離84mm(作り方によって焦点距離は若干変わります。)の老眼鏡の
レンズ一枚を眼鏡屋さんでボディキャップの枠に入る大きさに削って貰い、ハメ込みます。
接着はエポキシ系の接着剤です。
b0042282_2218466.jpg

そのレンズを入れたボディキャップにニコンの偏光フィルター用のフードを接着して
レンズ側は出来上がりです。
次にマウント側はニコンBR2Aのフィルターネジ部を削って平坦にして、そこに
ペンタックスヘリコイド接写リングを接着します。
b0042282_2219120.jpg

それを全部組立てると出来上がりです。ニコンのカメラとマウントアダプターを使ってキャノンのカメラに使えます。
絞りはありませんが明るさは F2 くらいです。絞り優先自動露出で撮影です。
微妙な露出は露出補正で調整しています。ソフトな描写で周辺はちょっと流れますが、
被写体によっては面白い写りをします。(^0^)
[PR]
by miyackdd | 2004-10-29 22:19 | 撮影機材・用品
<< カワセミ・ホバリング Nikon F2 アイレベル >>