日本野鳥の会  クイックブラインド

先日、オーダーしていた 日本野鳥の会 クイックブラインド が届きました。
当初の予定では予約販売ということで来年1月中旬に発送となっていたようですが、年内に届きました。(^^)
ヤマセミの撮影にもここ2~3年行っていないのですが、(^^;) 希望的観測も含め
ヤマセミの撮影にも行きたいなぁと、いう気持ちも込めてニューブラインドの導入です。(汗)
届いたブラインドは2人用と言うことで畳んだ状態もちょっと大きめです。
b0042282_20291931.jpg

せっかくなので、家の中で設営してみました。(笑)
説明では「わずか10秒程度で簡単に建てられて収納もあっという間です。」というだけあって慣れると10秒でこんな感じになります。(^^)
b0042282_2038575.jpg

広さが160センチ正方ということで全体としては初期型の一人用ブラインドよりもゆっくりしていて楽に撮影できそうです。
さすがに、後発で新しいだけあって設営も簡単です。欲を言えば、撮影していて、結構、上流~下流と横を見ることが多く、
フィールドでヤマセミの動きをより知るためにも 両サイドに外が見えるスリットか、ファスナーで開閉できる小窓があるとさらに良かったと思います。
撮影機材・・・IXY800IS



さらに興味のある方はこちらからどうぞ。(^^;)
設営の手順、内容としてはこんな感じです。感覚としては折畳み傘をイメージしてください。
まずは袋から出すと折畳み傘の紐をとく感じで広げます。右下横に写っているクリップゴムはブラインドをまとめる時に使用します。
b0042282_2041465.jpg

折畳みの傘を開くようにフレームを広げます。
b0042282_20411697.jpg

そのままフレームを180度広げて直立させるように立てます。
b0042282_20412631.jpg

内側天井部にあるフレーム中心部のハブを押し上げます。
b0042282_2042252.jpg

押し上げたハブを天頂部の接続ユニットにジョイントさせて設置完了です。 これも傘を開く要領と一緒ですね。
b0042282_20421211.jpg

ブラインドの裏面、ここから出入りをします。
b0042282_2042494.jpg

開くとこんな感じ。モンベルのカモワッチブラインドと同じくらいの広さです。
b0042282_20425929.jpg

前面には前を見るためのスリットとカメラと三脚を3台設置できるようにファスナーが縦に3本付いています。
b0042282_2048771.jpg

付属品はブラインド固定用のペグとロープ、プラスティックハンマーとケースです。
ブラインド自体で自立しますし、設置したまま移動もするので、(^^;) 通常の撮影には使わなくて大丈夫だと思います。
b0042282_20434663.jpg

撮影機材・・・IXY800IS
[PR]
by miyackdd | 2006-12-28 20:44 | 撮影機材・用品
<< かわせみ  富士山 夜景 >>