M6・・・ライカとの出会い

写真は小学校の5年生から始めていて、ライカの存在は知ってはいたのですが、ライカは骨董価値的なカメラであって写真を撮るカメラではない?というイメージがあり、しかも値段も高く買える代物ではない、という事で、専ら一眼レフばかりを使っていました。

1995年頃だったか、転勤で来た会社の上司が写真が好きで、話していくとライカM6を使っているとの事。見せて貰うとなかなか良い感じ、普通に写真も撮れるし?画質もとても良さそうでした。それからライカを見る目が変わり、上司から背中も押され、(笑) しばらくして、最初のライカ、スタンダードなM6クロームとズミクロン35を買ったのでした。(^^;) 

その後、クラシックなライカも30年、40年経ってもしっかり整備していれば、現役バリバリで撮影できるという事も知り、また独特の風情もあって、あれこれ興味を持つようになり、ライカに嵌っていったのでした。(^^;)

こちらのライカは友人のM6トラベラー。・・・以前、僕も3台目のライカでM6トラベラーも持っていた時期がありましたが、今はありません。(^^;)
b0042282_16243682.jpg

M6トラベラー+ズミルックス50mm/F1.4+フード12586
b0042282_1625579.jpg

クロームのライカ、特にM6トラベラーは仔牛の革が貼ってあるので品があります。
b0042282_16252754.jpg

撮影機材・・・IXY320+フォトキューブ・プロ+デーライト500W電球
[PR]
by miyackdd | 2005-02-09 17:12 | ライカ
<< 尾道 ヤマセミ・・・給餌求愛 >>