リコーGXR 最新ファームウェア V1.50

遅ればせながら、リコーGXRのファームウェアも最新のバージョンに更新しました。
主なバージョンアップ項目はこちらです。

【 機能拡張 】

・シーンモードでAE/AFターゲット移動が可能になりました。
※ポートレート/スポーツ/遠景/夜景/ミニチュアライズ/トイカメラでは、AE/AFターゲット移動は使用できません。
・ISO 感度設定ステップ幅を [ 1EV と 1/3EV ] から選択が可能になりました。
・ISOブラケット機能を追加しました。
・インターバル撮影で撮影時間間隔が2秒単位で設定、同時に、最大撮影枚数の設定も可能になりました。
・マニュアル撮影モード時も、ISO Auto , Auto-Hiが有効になります。
・撮影条件維持機能を追加しました。
撮影後にレリーズを解除せずにシャッターボタン半押しを継続すると、フォーカス、絞り、シャッター速度、
ISO、ホワイトバランスの設定を維持し連続して撮影することが可能になりました。
・スリープ、オートパワーオフ時間設定を 1分から30分の間で1分単位で任意に設定することが可能になりました。
・RAW のみ記録が可能になりました。
・セットアップメニューに[著作権情報]追加されます。設定した著作権情報は、撮影した画像のExif データに自動的に書き込まれます。
また、Exifデータに書込まれた[著作権情報]は、再生画面の詳細情報表示で確認できます。
※設定可能文字数:半角英数 46文字まで
・セットアップメニューからファームウェアのバージョンアップが可能に。
・マイセッティングのカードへの保存機能追加されました。 

【 修正・追加項目 】

・Pモードで高輝度被写体を撮影する際、撮影時の実際のシャッタースピードと、画面表示とEXIF情報に記録されるシャッタースピードが異なる場合があり、
   実際のシャッタースピードが正しく画面表示/EXIFに記録されるようにしました。
・ PモードでISO AUTOの撮影をする際、絞り/シャッタースピードの組合せを変更するとISO感度も変動してしまい、変動しないように修正しました。

ひとつのファイルで、ボディと3つのユニットのファームアップが出来ます。 
b0042282_23132961.jpg

まずはGXR ボディ本体と GR LENS A12 28mm F2.5のユニットから、、、
b0042282_23133222.jpg

ファームアップ完了。(^^)
b0042282_23133517.jpg

そして、今度は RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCのユニット。
b0042282_23133746.jpg

最後は GXR MOUNT A12のファームアップで 完了です。(^^)
b0042282_23133982.jpg

撮影機材・・・リコーCX3
[PR]
by miyackdd | 2012-03-17 23:22 | リコーGRD
<< リコーGRD4 ケース リコーGRDⅣ ファームアップ >>