LEITZ 眼鏡付 スーパーアンギュロン 21mm/F3.4

GXRが届いて、一番取付けてみたかったレンズが 眼鏡付 スーパーアンギュロン 21mm/F3.4 (1977年製) です。
本来、眼鏡付 スーパーアンギュロン 21mm/F3.4と言うレンズは存在してないのですが、
このレンズはカナダの元ライカ技師、ミューラーさんに特別に作って貰ったレンズで、たぶん、世界に3本くらい?しかないと記憶しています。
眼鏡付ズミクロンの眼鏡部分を取り外して、スーパーアンギュロン21mmに取付けることによって
ライカのM2、M4等の35mmファインダーで そのまま21mmの画角になります。 
もちろん、すべてライカの純正パーツを使い、非常に高い精度と技術で組み上げられています。

と、それは、ライカレンジファインダーカメラで使う時にとても便利なのですが、実はこのデジタルカメラ、リコーGXRでは 眼鏡は無用の長物になります。(^^;) 

で、この眼鏡付 スーパーアンギュロン 21mm/F3.4の問題はマウントからぐんと飛び出している後ろ玉。
b0042282_2129349.jpg

横から見ると こんな感じです。 
b0042282_2129484.jpg

この後ろ玉、結構飛び出ています。
b0042282_2129632.jpg

この後ろ玉のおかげで、取付けできないボディも 多々あるようで、GXR、A12マウントにも本当に取付けが出来るのか?が心配でした。(汗)
そういった心配をとりあえず、自分でチェックできるようなパーツが有り、それを後ろ玉に付けてチェックすることが出来ます。 それがこちら、チェッカーを取付けてみました。
b0042282_2129833.jpg

少しアップで撮影。。。ちゃんと後ろ玉も収まっています。(^^)
b0042282_21291099.jpg

横からのカット。。。出っ張っているところはありません。 このチェッカーでチェックして、GXRにも安心して取付けることが出来ます。(^^)
b0042282_21291364.jpg

撮影機材・・・リコーCX3
[PR]
by miyackdd | 2011-08-22 21:47 | リコーGRD
<< リコーGXR +眼鏡付 スーパ... リコー GXR モニター機材 ... >>